進路状況

2016年度卒業生の進路状況

2016年度卒業生の特色

2016年度卒業生の特色イメージ画像

 

2016年度卒業生からのメッセージ

上智大学文学部(英文学科)進学Kさん

    上智大学文学部(英文学科)進学Oさん

私が三輪田で得たたくさんの宝物を言い尽くすことはなかなかできませんが、大きく分けると二つあります。ひとつ目は、常に見守り、相談に乗ってくださった先生方やクラブや行事などを通じて親交を深めた友達といった「人」という宝物です。三輪田では日常の些細な出来事にも先生方は気を配って下さり、生徒も友達の心に寄り添うことのできる優しい人が多かったように思います。ふたつ目は、勉強、クラブ、行事等を通じて得た「経験」という目に見えない宝物です。私は音楽部に所属し、合唱だけでなくピアノの伴奏もさせていただきました。ステージに上がるたびに緊張し満足のいく演奏ができなかったり、練習不足を痛感したりと悔しい思いもたくさんしました。しかし、これらの経験は大学受験の際に、あまり緊張しない度胸につながったように思います。また、英語の楽しさを初めて学んだのも三輪田であり、夏休みの英会話やライティングなどのホームワークを通じて着実に英語力が身についたと感じています。三輪田で学んだすべてを糧にし、国際社会で活躍できる人になりたいです。

聖路加国際大学看護学部進学Yさん

    聖路加国際大学看護学部進学Yさん

誠実で温かな先生方や友人に恵まれながら自分の将来を考え、充実した6年間でした。進路を考える際には、中学の頃から志望に対する考え方を少しずつ深め、高校での自分史や病院ボランティアなどの学校でのプログラムを生かし、自分と向き合うことができました。先生方との距離がとても近く、いつでもどんなことでも相談していました。理系科目が苦手なこともあり、希望していた進路について不安に思っていた私を前向きに勇気づけて下さった先生や、受験期に毎日小論文を添削して下さった先生など、温かな環境に支えられ、真っ直ぐに将来に向けて勉強に励むことができました。また、三輪田の生徒はまじめで他人思いの人が多く、何歳になっても会い続けたい友人がたくさんできました。クラブや受験などで共に目標を持ち、励まし合った友人たちは一生の宝物です。

三輪田で学んだこと、出会った人、すべてを糧に、これからも歩んでいきたいと思います。

明治大学政治経済学部(地域経済学科)進学Sさん

    明治大学政治経済学部(地域経済学科)進学Sさん

三輪田学園では穏やかな雰囲気の中、素晴らしい先生方や友人に恵まれ、楽しく六年間を過ごすことができました。

勉強においては長期休暇中も補習が充実し、自分のレベルにあったものを選択することができました。先生方はとても熱心でこまやかに対応してくださり、少しの質問でも分かるまで丁寧に教えてくださいました。そして、受験期にはたくさんの励ましをいただきました。

また、生徒はおっとりとして優しい人が多かったです。クラブ活動だけでなく、運動会、三輪田祭、球技大会、校内音楽会など様々な行事を通して結束力が高められました。多くの友人の支えがあったからこそ、受験も頑張れたのだと思います。三輪田学園での教えや得られた縁を大切にし、これからも努力を重ねていきたいと思います。