教育内容

三輪田学園の教科教育・文系教科

理系教科

実技系教科

国語科言葉を使いこなし、世界を広げる力を育てる

国語科イメージ画像

国語の授業では、「読む」「書く」「聞く」「話す」という基礎力を確立し、自身の考えを正確かつ自由に表現できることを目標にしています。「読む」「書く」指導としては、文章から筆者の意図をくみ取り、丁寧に読むこと、何がわからないかを明確に意識させ、疑問点と答えを自分で組み立て、記述することを徹底させています。これは問題解決能力を育てることにつながるものです。さらに、教科書以外の独自教材で興味・関心を広げ、様々な手作り学習シートで意味調べやまとめ、問題演習を行います。「聞く」「話す」では調べ学習の発表、スピーチ、中1読書の「ビブリオ・バトル」など、多くの機会を通じて技術と楽しさを身につけています。また、中1読書の授業では、古典的名作から現代の親しみやすい作品まで、多彩な作品をじっくり読み、感想をまとめることで、考える力を身につけ、自身の世界を広げています。

語彙力をつけるために、中1から高3まで、毎週漢字テストをおこなっています。さらに高1・2年の語彙力テスト、漢字コンクールや漢検受験などで力を磨いていきます。古典は早期から取り組むことで興味・関心がもてる、と考え、中1から百人一首の書写を行っています。中2から週2時間の古典授業で本格的に文法学習、読解学習を行っていきます。

社会・地歴公民科社会を知り、現代社会を生きる市民としての教養と判断力を養う

社会・地歴公民科イメージ画像

社会科の授業は、中1・中2で地理・歴史を並行して、中3で公民を学習します。中1の地理では主に日本地理、中2で世界地理、歴史は古代から近世を中1で、それ以降を中2で学習します。中3の公民は3時間を憲法や平和、政治のしくみや経済学習などにあて、1時間が読書の時間です。高校では中学の学習を基礎として、社会的事象や歴史の背景を考察したり、自分の意見を考えたりする場面も増えてきます。複雑化する現代社会において直面する単純な正誤ではない数々の問題に対して、いかに対処するのか。社会に出て必要な、市民としての教養と判断力を育てます。

英語科「読む」「書く」「話す」「聞く」の4つの技能をバランスよく伸ばし、国際社会で通用する英語力を身につける

英語科イメージ画像

英語の授業は中学3年間、1クラス2分割の少人数で行っています。中1から、フォニックスや音読指導を積極的に行い、「話す」力を養います。また、毎時間小テストを行い、反復学習を行うことで、正しく「書く」力の定着を目指しています。家庭でもCD等を活用し、英語を日常的に「聞く」ように促し、定期考査では全学年で、放送によるリスニング問題を出題しています。年間5~7冊のサイドリーダーを課し、様々なジャンルの英文を「読む」機会を与えています。

中2のEnglish Camp、高1のSummer Schoolでは、日頃の学習の成果をアウトプットにつなげ、スキット発表やスピーチをします。また、英語検定を、中2では3級、中3では準2級を団体受験し、例年中2までに、約90%の生徒が3級を取得しています。高1、高2では、コミュニケーション能力テスト(GTEC)を受験し、1年間でスコアを大きく伸ばします。

理系教科

実技系教科

三輪田学園の教科教育・理系教科

文系教科

実技系教科

数学科根気よく考える力、論理的に考える力を育てる

数学科イメージ画像

中学では、「代数」「幾何」の2つの授業があり、まずは基本的な考え方や計算力をしっかり定着させることを意識して授業を進めています。また、サブテキストを使いながらたくさんの問題演習に取り組んでいます。本校では、各学年で内容を一部先取りしながら進めていきますので、中2の「代数」と、途中から高校の教科書に入る中3の「代数」では分割授業を行っています。少人数のクラスで理解の程度がより細やかに確認でき、生徒もわからないところを質問しやすいようです。

各学年で、年に1回(2~3学期)計算コンクールを行っており、自分の計算力を確かめる機会となっています。また関数の学習が本格的になる中2からは、年1回関数コンクールも行います。普段、本校では成績上位者を発表しておりませんが、コンクールでは成績上位者を発表するので、生徒にとってはお互い良い刺激となっているようです。

数学科イメージ画像

高校では、高1までは全員数学を履修し、高2からは自分の進路に合わせた選択制となっています。授業では、発展的内容まで扱っていますので、授業を中心にして復習・予習をきちんとこなし、さらに教科書と併用している問題集を利用して演習を積み重ねていけば、大学入試に必要な数学の基礎力は確実に身に付きます。長期休暇中などに希望者対象で、さらにレベルの高い問題を扱う発展補習も行っています。

いずれは社会の中で活躍していく生徒達が、数学を学ぶことで根気よく考える力を養い、物事を色々な角度から考察し、分析し、考え、論理的に説明することの出来る力を身につけていって欲しいと願っています。

理科中学3年間で100回を超える実験や観察を通し、ものを見る目と考える力を養う

理科イメージ画像

中学は1分野(物理・化学)と2分野(生物・地学)に分かれて授業を行っています。本校には4つの実験室(物理・化学・生物・地学)とプラネタリウムがあり、実験や実習、観察を通して身近な自然現象に疑問や興味を持ち、自ら考察をする態度を養っています。

高校の授業は、高1で化学基礎・生物基礎各2時間が必修です。高2になると文系と理系に分かれ、文系では地学基礎2時間が必修、理系では物理基礎・化学・生物各3時間が必修です。高3では、それぞれの進路に合わせた科目選択が可能になります。高2・高3では、それぞれ演習の内容を加味した授業を行いますが、必要に応じて補習や補講を行い、長期休業中は受験向けの補習が組まれます。

文系教科

実技系教科

三輪田学園の教科教育・実技系教科

文系教科

理系教科

技術家庭科自立した生き方、豊かな生活を営むために

技術家庭科イメージ画像

「衣・食・住」、「家族・保育・高齢者・消費者」、「情報・木材加工などの技術分野(中学)」など生活に関わる分野を学習します。知識や技術を身につけるだけでなく、問題を解決する能力を養うために、考える授業や実習を多く設けています。

中1から高1までは1クラスを2分割にする少人数の指導により、基本的な事柄からより高度な内容を学ぶことができます。例えば、被服実習の集大成としては高1で浴衣を製作しています。最後に着付けをし、自分の力で作り上げた達成感を味わいます。

高2では、グループワークや体験学習などを通し、現代の生活の課題を自分のものとして捉え、社会で活かせる力を育てます。

芸術科鑑賞・創作・表現を通し芸術を味わい表現力を養う

美術

美術イメージ画像

中学美術は全員必修・高校美術は選択授業で行っています。中学美術の目標は、写生により対象を観察・表現する力を養うこと。また色彩や構成の理論を学ぶことで、デザインの基礎を身につけ、立体作品では空間に働きかける形を創造します。
高校美術では、鑑賞により古今東西の美術史を学び、制作においては平面から立体まで様々な技法による表現力を養うことを目的としています。


音楽

音楽イメージ画像

音楽が豊かな心の育成に果たす役割は大きいものがあります。音楽科ではアンサンブルを大切に、自分を見つめ、表現することを目標にしています。

中学では二月に行われる校内音楽会の合唱コンクールに向けて、生徒達が練習に取り組む姿は本当に素晴らしいです。中学三年生では卒業式に集大成として、ベートーヴェン作曲第九番を演奏します。高校音楽選択ではミュージカル等を上演します。台本から全て生徒の手作りで、生徒一人一人のよさを最大限に伸ばすことができます。邦楽鑑賞会、芸術鑑賞教室、オペラ教室、楽器博物館見学会等、中学高校六年間で様々な音楽を学びます。


書道

書道イメージ画像

書道では古典の臨書を中心に勉強しています。高1では楷書・行書・隷書・仮名を通して筆使いの基本を学び、高2では草書・篆書も加わり、より多彩な筆法と表現力を学んでいます。この他にも、美しい料紙に仮名を書いたり姓名印を刻したりして、記念になる作品作りをしています。また学芸書道全国展にも出品して多くの賞を頂いています。授業の目標は書道を通して芸術に親しみ、美の世界を味わい、感性を磨くことです。

保健体育科生きていくための基本となる強い心と体を身につける

保健体育科イメージ画像

保健の授業では、性教育を含め、思春期・青春期における「こころ」と「からだ」のバランスに配慮しながら、自分自身を大切にすることや、生涯にわたる健康の維持などを学びます。

体育の授業においては、健康に暮らしていくための知識と技術を、様々な種目を通じて習得していきます。中でも、温水プールを利用して行われる水泳の授業では、中1から高2までの5年間で、個人メドレーを習得することができます。泳げない生徒0を目指しての指導を心がけ、全員に対してきめ細かい指導を行っていきます。他にも、バスケットボールやバレーボール、ソフトテニスなどのボールゲーム、マット運動や合気道といった種目を経験させ、心身ともに成長できるような授業を心がけています。

情報科ICT技術を主体的に使いこなし、自己表現力と問題解決能力を身につける

情報科イメージ画像

情報の授業は高1において「社会と情報」を全員必修で行っています。授業の目標は、自己表現、そして問題解決の手段としてコンピューターを自在に使いこなせる力を養うことです。そのため、授業のほとんどの時間を実技で展開しています。それは、情報リテラシーをきちんと身につけるためには、ICT技術を理解することが最も有効であると考えているからです。高2・高3では、情報系の進学者のため、「ネットワーク基礎」・「情報表現技法」といったより専門的にコンピューターを学んでいく選択科目を設置しています。

文系教科

理系教科