Returnee entrance examination

帰国生入試

帰国生の方へ

- 三輪田学園からのメッセージ -

 三輪田学園では、グローバル社会の中でさまざまなバックボーンを持つ人々と協調・協働しながらよりよい世界を築く一員となるために「世界に興味関心を持ち、学び続ける力」を育てる教育を行っています。そして、その学びの空間においては、滞在国や在籍する学校の種類を問わず、それぞれの背景を持つ生徒が同一空間で互いに個性を認め合い、刺激しあう関係性を築くことが大切であると考え、帰国生を積極的に受け入れていきたいと考えます。世界の中での日本を三輪田学園の様々なカリキュラムや行事の中で学びながら、どのような時代や社会であっても自分の道を切り拓いて生きる颯爽とした女性として世界へはばたいていく力を育てます。

ページの上部へ戻る

  • 三輪田学園での生活・教科指導
    •  帰国生も一般生と同じクラス、同じカリキュラムで学びます。クラス替えは毎年行います。英語は中1から少人数の分割・習熟度別授業を行い、高度な英語力の育成には欠かせない文法も含めた基礎力をしっかりとつけます。個別の英語力に対応できるようにオンライン英会話などを導入し、さらに英語力のある生徒には放課後にネイティブ教員による特別授業を用意しています。全員参加で行う中2のEnglish Camp、高1のSummer Schoolを始め、希望者にはカナダ語学研修、オーストラリアへのターム、イヤー留学、国際教養大学English Village、法政大学留学生とのCross-cultural Project、模擬国連への参加など英語力を伸ばすプログラムが充実しています。数学では進度に差が出始める中2から代数の授業で分割・習熟度別授業を取り入れています。また、中1全員が参加する放課後学習「まなびクラブ」では、得意教科を伸ばし、苦手教科を克服するように各自がそれぞれの課題に取り組むシステムがあります(中2以上は希望者)。キャッチアップとしての補習は英・数を中心に必要に応じて通常の放課後、定期考査の後、長期休暇中などに行い、その他の教科に関しては担当教員が個別に指導します。
  • 帰国生の進路・進学実績
    •  三輪田学園の進路指導は「生き方指導」であり、6年間かけて高校卒業後に何を学び、どのように生きていくのかということから進路選択をさせますので、文系、理系、芸術系と進路は様々です。近年ですと、東京芸術大学、東京学芸大学、上智大学、国際基督教大学、東京理科大学、明治大学などへの進学実績があります。
  • 入学後の海外赴任、復学について
    •  三輪田学園に入学後、保護者の方の海外赴任に伴い、再び海外へ出られる場合も、帰国後、元の学年に復学することができます。
  • 考査方法と出題傾向
    • <国語作文>9:30~10:15(45分)
      3,000字程度の日本語で書かれた文章を読んで、それについてB4の解答用紙に感想文を書くという試験です。
      国語作文の題材例(過去問より)
      「生きる力をさがす旅」波平恵美子著(出窓社)
      「ボランティアの考え方」秦 辰也著(岩波ジュニア新書)
      「象のブランコ」―とうちゃんと―より『「最初」をさがす』工藤直子著(理論社)
    • <算数>10:30~11:00(30分)
      四則計算3題、文章題・図形、グラフを用いた問題等4題6問程度出題します。基本的な力をしっかりつけてきてください。算数のサンプル問題
    •                    
    • <保護者同伴面接>11:10~(1組5分程度)
      教科の内容を問う口頭試問ではありません。海外での経験、中学生活への抱負、ご家庭の教育方針などをお聞きします。しっかりと受け答えができれば面接が大きく合否に関わることはありません。英語の検定試験の取得級、スコアをお持ちの方は参考にいたします(加点はありません)。試験当日に合格証、スコア表のコピーをお持ちください。

- 卒業生からのメッセージ -

ドイツ デュッセルドルフ日本人学校出身
早稲田大学 社会科学部進学 Kさん

  • 三輪田学園を選んだ理由
    •  学校説明会での先生方の暖かい雰囲気や、在校生の真面目そうで、尚且つ明るく楽しそうな様子をみてこの学校に通いたいと感じました。また、自宅から電車で一本で通える利便性も選んだ理由のひとつです。
  • 学園生活の思い出
    •  文化祭や運動会などのさまざまな学校行事は、今でも色濃く思い出に残っています。文化祭は、三輪田学園の印象でも耳にすることのある穏やかで落ち着いた雰囲気の中で行われますが、学年対抗で行われる運動会は一転して、学校全体で熱狂的に盛り上がる行事となり、そのギャップも楽しい思い出です。部活動は茶道部に在籍し、自分にあったペースでのんびりと活動できました。部活動や学校行事を楽しみながら、勉強も疎かにしない雰囲気のおかげで、学園生活をとても有意義に過ごせたと思います。
  • 中学入試対策
    •  私は小学校6年生で帰国し、それまで日本人学校には通っていましたが入試対策はしていませんでした。帰国後は、個別指導の塾に通いました。得意だった算数は実践的な問題で対策をし、国語は基本を徹底して勉強しました。
  • これから三輪田学園の帰国生入試を考えている小学生へのメッセージ
    •  私の経験に基づく想像になってしまいますが、海外経験のある皆さんは変化が多く、めまぐるしい日々を経験してこられた方が多いのではないでしょうか。私はそのような環境を経て、中学・高校は落ち着いた学校生活を送りたいという希望を持ち、三輪田学園に入学しました。和やかで、且つ楽しいことには仲間と思い切り盛り上がれる環境があり、自分の望んでいた学校生活を送ることができました。また、当学園に帰国子女として入学するということは、いつでも親身に話を聞いてくださる先生方や、アットホームな雰囲気のお陰でハンデにならず、安心して通うことができると思います。皆さんがそれぞれ楽しい学校生活を送ることができますよう、祈っております。

ページの上部へ戻る

関連するページ